初更新です。

演劇ユニットアムアネの周大樹です。

去年、HPを更新し、それと共にブログを始めようと思いリンクをHPにつけてもらったまでは良かったのですが、肝心のブログを書く事無く2022年を終えてしまいました。

こんな事ではいけないと常々思ってはいるのですが、産まれて40年以上の筆不精、徐々に改善していこうと思っていますので、ゆったりとお付き合い頂けたら幸いです。

一発目の更新は、これからこのブログで書いていこうと思う事のラインナップを上げていこうと思います。

まず、ブログを立ち上げて貰った時に1番最初に書こうと思ったのが、アムアネの足跡を振り返ってみようと思った事でした。

結成して、6年の月日が経ち、7年目に突入しようとしている中、今一度自分達の足下を見つめ直して見るのもいいんではないかと。

ここで、今までアムアネでしてきた公演の一覧を

①2016年3月 第1回公演    『コノウタ』


f:id:am-ane:20230112200453j:image

②2016年11月 第2回公演    『カオルハナ』


f:id:am-ane:20230112200508j:image

③2017年8月 第3回公演   『トワズガタリ


f:id:am-ane:20230112195138j:image

④2017年12月短編公演  『three piece』


f:id:am-ane:20230112200654j:image

 

⑤2018年7月 第4回公演  『い・ろ・は・に』


f:id:am-ane:20230112195718j:image

⑥2018年12月短編公演   『プレゼント』


f:id:am-ane:20230112195735j:image

⑦2019年7月第5回公演  『パーソナリティ』


f:id:am-ane:20230112195809j:image

⑧2019年12月特別公演   『サヨナラ、ナミダ』


f:id:am-ane:20230112195911j:image

⑨2020年8月第6回公演   『トキワスレ』


f:id:am-ane:20230112195225j:image

⑩2022年6月第7回公演   『萼〜gaku〜』


f:id:am-ane:20230112195656j:image

いやぁ、振り返ってみると10本ですか。

タイトルやフライヤーを見ていく毎にその時の気持ちが、フラッシュバックしてきます。

という事で、次回からアムアネで催してきた公演毎に振り返り、その時の心境や、その作品を書く事になった経緯、公演にちなんだエピソード等も書いていけたらと思っています。

1回目の更新は、2016旗揚げ公演の『コノウタ』から、更新は、約1週間後の1月19日の予定です。

あっ、大変遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

昨年は、年末に十二指腸に穴が開き、自身30年振り位になる入院もしてしまいましたが、今年は尚の事体調にも気をつけて活動していくつもりです。

どうか、今年も演劇ユニットアムアネ、並びに周大樹の活動を応援して頂けると幸いです。

 

2023年 1月12日   演劇ユニットアムアネ 周大樹

 

個人的なアレ。

いさです。

寒いっすねー…。

 

寒い。

無理。何てこった。

今年のシーズンオフに長く使ってたコートとさようならしたのを忘れてた。

 

何もねえわ防寒具が。

 

身の回りに物は溢れているのに、肝心なものがないことが間々あります。

振り返れば自分のせいですが、何とかなにかの、なにかのせいにしたいーっ。

 

というわけでもないですが、

名前をちょろっと変えました。

中村伊佐になりました。

つけてから気付いたんですが、全部苗字として頻出する漢字なんですね。

 

中田の中に

村田の村に

伊藤の伊に

佐藤の佐です。

 

面白。

 

お供、ジントニック

Letter2022

いさです。

戦争の話と母親の話にはとても心が弱くなる者が、

周さんが出演している「Letter2022」を拝見して参りました。

 

昭和20年。太平洋戦争終期の日本で目を覚ました令和のZ世代ボーイが、夢を語ることも憚られ、今日を生き延びることに精一杯な人たちとの中で、生きていくことの意味を考え、行動を起こす。

 

ネタバレなしで自分が文字にするとペラくなるな。。

登場人物一人ひとりにそれまでの人生を感じて、決められた結末に向かう場面は観ていてとてもしんどかった。

情報があふれた現代では明らかに間違いだと感じる価値観も、当時では当たり前とされていた中で、それでも一人の人間として生きた彼らのような人が絶対にいたはずで、

私欲のために大きな単位同士が争うことで、巻き込まれる人たちの狂わされていく人生を2時間じっくり浴びました。

これを美談で済ませられない昨今の情勢がより哀しいですが、以前拝見したLetterとはまた違った感覚で観ることができました。

 

兄上についてですが、前回のアムアネのキャス!で稽古中のやらかしエピソードを聞いてそこそこ気にしてましたが、何のこっちゃない。ピシッと隊をまとめる上官様でしたよ。

ピシッとしきれない滲み出る好々爺然とした雰囲気が、あの隊を成立させてたんじゃないかしら、と思うなどしました。

 

9/19まで中野 ザ・ポケットで公演中ですって。

今からご覧になりたい方は、下記までお問い合わせください。

周大樹(演劇ユニットアムアネ) (@cararinz) / Twitter

 

ちなみに、好々爺は年齢的に違うかなと思いつつ、他に言い方が見つからなかったので許して。

ちなみにちなみに、好々爺の正式な意味を調べてから使おうとググったら、サジェストに

「好々爺 すこすこじい」

が出てきて凄まじく笑った。

 

お供、コカコーラゼロ。

萼、こんなお話です。

制作です。

 

アムアネ公演

萼〜gaku〜 -今日という日を後悔しないために-

稽古も大詰め、通し稽古を見終わった後の満足感が日増しに高まっていきます。

本だと読後感という言葉がありますが、

この場合なんて言うんでしょうね。

観後感?劇後感?日本語上手に扱いたい、、。

 

今作は、

姉妹の話、カップルの話、小説家の話と、

3つのお話が絡み合う、予想がつかないストーリー。

 

姉葉月との同居が決まり、東京暮らしに夢膨らませる真菜。

月の恋人、慎治も上京を喜んでくれたが、その矢先に葉月は体を壊してしまう。

真菜は葉月のために働き始めるが、、

 

日々の暮らしもままならないほど貧しい中、現実を誤魔化しながら生きるみよりと志朗。

志朗がバイトで訪れた先で出会った現実主義の潮との関わりの中で、志朗に少しずつ変わりたいと思う気持ちが芽生え始める。

 

本を出したいが上手く書けず苦しむ甲田。

同人サークルの菊池に救いの手を求め、菊池も共に挑むことを了承する。

書き上げなければならないという強い決意を胸に、甲田は物語を書き進める。

 

交錯するストーリーは、思わず息を呑むラストへと駆け上がっていく。

 

アムアネ班だけ他チームには内緒で稽古を進めてたんですが、

全貌が明らかになった時の、稽古場にいた皆さんから上がった感嘆の声がめちゃくちゃ気持ちよかったといさが話しておりました。

 

観終わった後、必ず誰かと話したくなる、

走り出したら止まらない100分間。

どうぞ劇場で、あなたの目で観て感じてください!

 

演劇ユニット アムアネ本公演
萼〜gaku〜 -今日という日を後悔しないために-

2022年6月29日(水)~7月3日(日)
下北沢 シアター711にて​

【出演(50音順)】

飯嶋 耕大
園田 あざみ
原田 亜耶
松尾彩月
深文
山本 悠貴

演劇ユニット アムアネ
周 大樹
​中村いさ

【チケット】

前売り/当日 4,000円(全席自由席)

ご予約は
https://www.quartet-online.net/ticket/nf9igqu
(2022年5月31日21時より販売開始)

推しキャストさんがおられる場合は、備考欄にキャストさんのお名前を書いていただくか、アムアネ公式Twitter、各キャストのSNSをご覧ください。

【ご来場のお客様へ】
ご入場にあたり、マスクの着用、手指消毒、検温へのご協力をお願い致します。
体温が37.5℃以上ある場合、スタッフが不調と判断した場合、また感染症対策にご協力いただけない場合は、入場をお断りすることがございます。

ご不明点は、アムアネHPフォーム、または
unit_am_ane@yahoo.co.jp までお気軽にお問い合わせください。

 

お待ちしております!!!

次回公演詳細情報が解禁されました!

制作です。

この度、演劇ユニットアムアネ次回公演の詳細情報が発表されました!

改めてタイトルから...

演劇ユニット アムアネ本公演

萼〜gaku〜 -今日という日を後悔しないために-

2022年6月29日(水)~7月3日(日)

下北沢 シアター711にて

【出演(50音順)】

飯嶋 耕大

園田 あざみ

原田 亜耶

松尾彩月

深文

山本 悠貴

演劇ユニット アムアネ

周 大樹

​中村いさ

【チケット】

前売り/当日 4,000円(全席自由席)

ご予約は

https://www.quartet-online.net/ticket/nf9igqu

(2022年5月31日21時より販売開始)

推しキャストさんがおられる場合は、備考欄にキャストさんのお名前を書いていただくか、アムアネ公式Twitter、各キャストのSNSをご覧ください。

【ご来場のお客様へ】

ご入場にあたり、マスクの着用、手指消毒、検温へのご協力をお願い致します。

体温が37.5℃以上ある場合、スタッフが不調と判断した場合、また感染症対策にご協力いただけない場合は、入場をお断りすることがございます。

ご不明点は、アムアネHPフォーム、または

unit_am_ane@yahoo.co.jp までお気軽にお問い合わせください。

 

長らくお待たせいたしましたが、準備期間を経て、

素敵なメンバーで歩みだしました。

フライヤーも間も無く公開されますのでお楽しみに!

 

いぇいいぇい

 

麦水

なかむらです。

 

公演の始動に向けた作業も詰め時。

毎日開いてないような目でMacさんと向かい合う日が続いています。

自分天才かよ、とセンスねえなあ、を行ったり来たりする時期が、創作活動において一番の難所だったりします。

天才になりてー。

 

ぐるりと話は変わりますが。

最近めっきりお酒に弱くなりまして、

自宅での晩酌頻度が下がっております。

大人になるって寂しいなあと思いつつ、

仕事しながら飲みたい気持ちを昇華するため

ノンアルコール飲料が大活躍しています。

 

ガンガン飲んでた頃は「ただの苦い水なんか飲んで何が楽しいんだか。なんか変な味するし」と思ったもんですが、

「お酒みたいな味がするのにいつまで経っても酔わない」という事実の良さに気付き始めました。あと最近のノンアルすげえの。ほぼビール。

 

今日も今日とて画像をいじりながら、

ノンアルビールと90円で買ってきたきゃらぶきでささやかな幸せを噛み締めるのです。

 

この幸せの帰結する先は、

皆様の目でお確かめください。

 

演劇ユニットアムアネ

「萼〜gaku〜 -今日という日を後悔しないために-」

6/29〜7/3 下北沢シアター711にて。

詳細まもなく、まもなく公開です。

 

お供、アサヒドライゼロ。

衝動と行動。

なかむらです。

 

長期連休も終わり、

そろそろ五月病が猛威を奮い出す頃ですね。

 

なかむらも生きるための仕事続きで不貞腐れてはいますが、

そもそも5月に限らず、

仕事なんぞしたく無いと毎日思ってるし、

不労所得を資金源に

思いついたまま生きる自由を欲しているので、

これは通常運転です。

 

なかむらのほしい物リスト一番目は土地です。

稽古場建てて上の階に住むんだぁ。

 

そんな感覚で生きてるわたくしですので、

急に思い立って何かをすることが多々あります。

 

厄年の厄除けも、めちゃめちゃ手の込んだ晩御飯も、思えば教習所通いも思いつきでした。

 

先日は急に部屋の模様替えがしたくなり、

ギリギリ工具を使わない程度の大改装を施しました。

お陰で床に寝転べるまでになりましたが、

ストレッチは捗っていません。何故でしょう。

 

この衝動が制御できれば、

自分が子供のころに描いてた大人に近付けるのでしょうが、

36年無理だったものが急にできる様になるわけもなく、

自分に振り回されるのを楽しむ方にシフトしつつあります。

 

先頃、急に父の様子が気になったので、

しばらく連絡してなかったけど元気かしら、

とご機嫌伺いの連絡を入れたところ

 

「今友だちと遊んでるから帰ったら連絡します」

 

とあっきらかにあしらいの返事が返ってきました。

相変わらず娘よりリア充です。

 

お供、リスボンの坂道。